それは中国からのメールでした・・・

ある日、見慣れないメールアドレスから、一本のメールが届きました
そのメールの内容は以下のようなものでした

ご担当様

お世話になります。
○○営業部の△△でございます。

トムフォードのアイウェアについて、
弊社が直接に工場から発送しております。

大手なオーダーであれば、
直接工場の生産日程に差し入れても宜しいで、
品質と精確な納期確保は勿論、
他社と競争できる価格で提供できます。


弊社のURLは以下になります。
URL@:http://xxxxxxxxxxxxx
URLA:http://xxxxxxxxxxxxx
すごしご興味がありましたら、ご相談してくださいませ。
カタログを送りいたします。
ぜひご検討くださいませ。


ご連絡をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。


-------------------------------
○○(香港)有限公司
営業部:△△
住所:*********************

ん? これは何だ?
不審に思いましたが、とりあえず返信してみること

△△様
ご連絡ありがとうございます

オプティックスタイルの本田和也です
ひとつお聞かせください


商品は本物ですか?

ご返信いただければ幸いです

オプティックスタイル
本田和也

するとこんなメールが返って来ました

本田様

お世話になります。
○○営業部の△△でございます。
ご連絡ありがとうございます。


お問い合わていただき、ありがとうございます。
返答させていただきます。


申し訳ございませんが、
弊社扱っている商品についてですが、

正規品ではありませんが、
品質は正規品と同じで、付属品などが完備に付いております。
弊社のお客様は正規品として日本で販売しています。


こちらもお客様のお店の状態を関心を持って、
一時的にレビューを拝見しています。
全体的に言えば、お客様からいい評判を受けています。




下記のリンクに実物写真を確認できます。
http://xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
ご覧くださいませ。

ご返事をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。



-------------------------------
○○(香港)有限公司
営業部:△△
住所:*********************

正規品ではない=偽物

つまり、偽物を安くで卸すから仕入れないか?と言ってきているのです

国内のネットショップさんでも、
当店の仕入れ値よりも安い価格で販売されているお店もありますので、
どうやって仕入れてるんだろう?って思ってました

「正規品ではありませんが、
 品質は正規品と同じで、付属品などが完備に付いております。
 弊社のお客様は正規品として日本で販売しています。」

添付されているカタログを見ると、当然ながらすごく安い価格でした
まさかとは思ってましたが、こういうカラクリがあるんですね

このメールは無視し、このメールアドレスを着信拒否にしました

こういう話は、メガネフレームに限らず、他の商品でも同じようなことがあると思います

偽物が出るってことは、そのブランドがみとめられた証拠だなんていう人もいますが、
本物と信じていたのに、偽物を掴まされたユーザーはたまったもんじゃありません

本当のことを言えば、この話は公表するかどうか悩みました
こんな話をすれば、当店の商品も偽物と疑われるかもしれないと思ったからです

でも、信じてもらえるか、疑われるかという問題よりも、
伝えておいたほうがお客様のためになると思い、ここで公表させていただきました

当店では、トムフォードはイタリア、レイバンはアメリカの業者を利用し、
工場から直接仕入れている正規代理店とだけ、取引しています

100%本物・正規品ですので、安心してお買い求めください


トムフォード メガネフレーム


レイバン メガネフレーム

 

 

メールマガジン登録

 

お得な商品情報などを随時配信していきます

姓:

名:

E-Mail

 

Ranking

 

Rank 1st


トムフォードTF5178

 

映画「シングルマン」で
コリン・ファースが着用

Rank 2nd


トムフォードTF5252


トムフォードらしい
存在感あるブラックフレーム

 

Rank 3rd


トムフォードTF5040

 

平子理沙、伊勢谷友介ら
芸能人も多数愛用

Rank 4th


レイバンRB 5289 5182

 

 

 

About us

 

 

サングラス


サングラスショップへ

 

 

番外編

 


店長が使ってる財布を紹介

 

 

店長紹介

 

店長

オプティックスタイルを運営しております株式会社Risefieldの本田和也です。出来る限り柔軟な対応を心がけています。→ 社長ご挨拶

 

 

社長のブログ